会社概要 施設・設備 採用情報 地図 お問合せ
 
 
 
活け締めとは漁獲した魚の処理方法のひとつです。
なぜ活け締めするかというと、魚の鮮度の持ちが違うからです。

暴れて悶絶死する魚は体内にストレスが溜まり、急激に温度が上昇していきます。
活け締めにした場合はその現象がないので鮮度の持ちに各段の違いがでます。

魚の活け締めを参考にした画期的な技術で高品質な豚肉に変わっていきます。
NCSでは水の循環設備や温度管理の設備を整えているので、 洗浄に使用する水は豊富に使え、温度調整によって自然に近い状態で 枝肉を冷やし込む事ができます。
豚肉の鮮度と熟成の関係を考慮した高品質な物になっていきます。

NCSの解体技術は世界に技術提供を行うほど高い技術力を持っています。

内臓の取り出し時間は通常の半分の時間で行い、枝肉から各部位に切り分ける作業も徹底した品質管理を考えたスピーディーな作業で行っています。

又、当社で開発したホッグマシンを使うことで 、より効率的に作業を行う事も出来ますので生産性も上がり、雇用の問題も解決できます。

 
TOP会社概要施設・設備採用情報地図お問合せ
Copyright 2009 NCS Corporation